Town Center 4th Edition

KickStarterでプロジェクトが立ち上がっている6色のキューブを配置することで自分の街をどんどん発展させる「Town Center」です。

2-4人プレイ、12歳以上、ゲーム時間の目安は30-60分になっています。

Town Centerは6色のキューブを使用して、自分の街に配置していくことで街を発展させていきます。

縦・横だけの2次元ではなく、キューブを積み重ねることで高さも加えた3次元でゲームは展開します。

キューブも16mmサイズと普通のキューブより大きいため、ゲーム終了時には色とりどりのキューブが並べられて、なかなか見応えのある景観が出来上がります。


含まれるコンポーネント

コンポーネント
コンポーネント

コンポーネントには以下のものが含まれています。

  • 4枚のプレイヤー用両面ボード
  • 1枚の両面セントラルボード
  • 16個の木製小キューブ(カラー8色)
  • 1個の布製バッグ
  • 123個の木製大キューブ(カラー6色)
  • 4枚の拡張プレイヤー用両面ボード(KickStarter特典)

セットアップ

下記の手順でセットアップを行います。

  1. 各プレイヤーはプレイヤー用ボードと各々が選択した色の2つの小キューブを受け取り、各色の内1個を各プレイヤーがどの色を使用しているか識別するためにプレイヤー用ボードに置き、もう1個をセントラルボード上にある収入トラックの$3の所に置きます。
  2. 布製袋にプレイヤー1人につき下記の個数のキューブを入れます。
    3個のオフィスキューブ(赤)
    6個の住居キューブ(緑)
    3個の商業キューブ(青)
    4個の動力キューブ(黄)
    4個のエレベーター/駐車場(黒)
    色別に残ったキューブは分類して別に置きます。
    これらはストックを表します。
  3. 各プレイヤーは紫の大キューブを受け取り、各自のシティホールの位置を表すマーカーとしてプレイヤー用ボードに置きます。
  4. 最も人口が多い街に生まれたプレイヤーがスタートプレイヤーになります。

ゲーム概要

各ラウンドは以下の手順で進めていきます。

  1. 投資
    プレイヤーは、各自の都市にどの種類の建築物を建てるかを決めます。
  2. 建築
    選択された建築物をプレイヤー用ボードの建築スポット、または他のキューブの上に置きます。
  3. 発展
    住居及び商業建築物は成長します。
  4. 収入
    商業建築物及び駐車場区画は、各プレイヤーの街に収入を発生させます。
  5. 公共工事
    各街は動力またはエレベーターに、各自の現金貯蓄のいくらかを費やします。

ゲームプレイ

フェーズ1 投資

スタートプレイヤーは、プレイヤーの人数の2倍の個数のキューブを袋から取り出します。

これが第1ラウンドの場合はオフィスキューブは袋に戻して、戻した数と同数のオフィスキューブ以外のキューブに取り替えます。

その後、2、3、4人プレイの場合は、プレイヤー人数と同数のタワーを同数のキューブで作ります。

各タワーは2個のキューブで構成されます。

例えば3人プレイの場合は、袋からプレイヤー人数の2倍である6個のキューブを取り出し、2個ずつの3つのタワーを作ることになります。

タワーを作るプレイヤーは、どのキューブが上になり、どのキューブが下になるかを決めます。

そして、スタートプレイヤーから始めて右回りに、各プレイヤーはタワーの上にあるキューブの内いずれか1つを取ります。

各プレイヤーが1つ目のキューブを選択した後、今度は逆周りに残ったキューブの内の1つを取ります。

つまり、1つ目のキューブを最後に取ったプレイヤーはすぐに2つ目のキューブを選択することになります。

例えば4つのタワーがあり、上側のキューブがそれぞれ黄・黄・黒・緑、下側のキューブが黒・緑・青・黒の場合、1人目のプレイヤーが黒のキューブを取ると、2人目のプレイヤーは残りの黄・黄・青(下側)・緑の中から選択することになります。

フェーズ終了時には、各プレイヤーは自分の都市に組み込む2個のキューブを持っていることになります。

フェーズ2 建築

建築フェーズでは、プレイヤーは直前のフェーズ1で受け取った2個のキューブを、各自のボード上に配置します。

配置することが可能である場合、2個のキューブは配置する必要があり、そして将来のラウンドのために保管はできません。

プレイヤーはどの順番でキューブを配置するかを決めても構いません。

プレイヤーは建築アクションを一斉に行っても構いませんが、最初のラウンドのフェーズ2では、他の建築をチェックしたり、一度に1つの街毎に行うように勧めます。

各街は同数の建築用敷地を持っていて、それはセンターの1部、街の主要部分、または郊外になりえます。

そしてそれらは街の周囲を形成します。

隣接

キューブを配置する時は

  • キューブは既存の建物と隣接するように配置します。(既存の建物の4辺の内、どれか1辺が接するように)
  • キューブを既存の建物と異なる高さに置く場合(つまり既存の建物の上に置く場合)は、既存の建物より上に配置します。
  • 建築フェーズでは、他の住居キューブと隣接する位置に住居キューブを配置することはできません。
  • 建築フェーズでは、他の商業キューブと隣接する位置に商業キューブを配置することはできません。

というルールがあります。

この部分はルールPDFの図を見る方が理解は早いです。

オフィスキューブ

他のキューブを配置する時は無料ですが、オフィスキューブを配置する場合は、$5を払う必要があります。

もしプレイヤーが必要な費用を持っていない場合は、オフィスキューブは没収されて袋ではなく、ストックに戻す必要があります。

エレベーター/駐車場

エレベーター/駐車場キューブは、他色キューブの上に配置することはできません。

1階にある黒キューブは駐車区画として見なされ、フェーズ4で収入を得ます。

2個以上の黒キューブのタワーはエレベーターとして見なされ、より高い階にプレイヤーが建築することを可能にし、且つ街を上方に向かって成長させます。

エレベーターの高さは、中心の建築区画での全ての他のタワーの最大の高さを決定します。

エレベーターは動力キューブに隣接している場合のみ機能(つまりより高い階への建設を可能にする)します。

動力が供給されたエレベーターがない場合は地面より高い所に建てることはできません。

また、エレベーターに動力を供給する動力キューブは地面に建てなければなりません。

2つ以上の積み重ねる建築は中心の建築用敷地内でのみ建てられ、また5個の積み重ねたキューブを越える高さを越えてはなりません。

郊外では積み重ねて建てることはできず、最大の高さは1個となっています。

フェーズ3 発展

街の発展は同時に全てのプレイヤーに発生しますが、最初のラウンドのフェーズ3では他の開発をチェックして、一度に1つの街毎ずつ行うようにお勧めします。

街の発展にはいくつかかの基本的なルールがあります。

  1. ストックから緑の住居、または青の商業キューブを取り、既存の緑または青のキューブに隣接する位置に置きます。
    これは既存の緑または魚のキューブ毎に発生します。
    その他の色のキューブは発展しません。
  2. 発展するために黄色の動力キューブが、緑または青のキューブには必要ありません。
    発展したキューブにより置かれた新しいキューブは、最大の高さ制限を超えてはいけません。
  3. 別々の発展可能なキューブがある場合、各プレイヤーはどれを1番目に行うべきかを選択しなければなりません。
    その後、発展する機会がまだある場合は、プレイヤーはそれ以上発展することができなくなるまで、ストックからキューブを加え続ける必要があります。
  4. フェーズ3の開始後、ストックに全員に必要十分な数のキューブがない場合は、逆順にキューブがこれ以上取ることができなくなるまで、1手番に1個のキューブを取ります。

住居の発展

2個のオフィスキューブに隣接している1個の住居ユニット(積み重なった緑のキューブの塊をユニットと呼ぶ)は、ストックから別の緑のキューブを取り、そして既にある住居キューブに隣接する位置に置きます。

2個のキューブからなる住居ユニットは、発展するために3個のオフィスキューブに隣接していなければなりません。

3個のキューブからなる住居ユニットは、発展するために4個のオフィスキューブに隣接していなければなりません。

このように住居ユニットが発展するためには、住居ユニットを構成するキューブ数より少なくとも1個多い数のオフィスキューブに隣接しておく必要があります。

シティホールキューブは、オフィスキューブと同じように見なされます。

大きな住居ユニットは更に多くのオフィスキューブに隣接する必要があり、フェーズ2の建築の間はキューブを追加することができないため、発展させるにはより困難になります。

しかし、大きな住居ユニットはゲーム終了時により多くの得点を獲得することができます。

1つの大きなユニットを形成するために、2つの住居ユニットを発展を通じて組み合わせるのはもっともな考え方です。

商業の発展

2個の住居ユニット(キューブではなく)に隣接している1個の商業ユニット(積み重なった青のキューブの塊をユニットと呼ぶ)は、ストックから別の青のキューブを取り、そして既にある商業キューブに隣接する位置に置きます。

2個のキューブからなる商業ユニットは、発展するために3個の住居ユニットに隣接していなければなりません。

3個のキューブからなる商業ユニットは、発展するために4個の住居ユニットに隣接していなければなりません。

このように商業ユニットが発展するためには、商業ユニットを構成するキューブ数より少なくとも1個多い数の住居ユニットに隣接しておく必要があります。

大きな商業ユニットは更に多くの住居ユニットに隣接する必要があり、フェーズ2の建築の間はキューブを追加することができないため、発展させるにはより困難になります。

しかし、大きな商業ユニットはより多くの収入をもたらし、各ラウンド終了時により多くの得点を獲得することができます。

1つの大きなユニットを形成するために、2つの商業ユニットを発展を通じて組み合わせるのはもっともな考え方です。

要約

オフィスとシティホールは住居ユニットの発展を促し、住居ユニットは商業ユニットの発展を促します。

フェーズ4 収入

収入フェーズでは、あなたの街の商業ユニットは街に居住する良い人々に商品やサービスを売り続ける権利の代価を払います。

その代価が大きいほど公益に向けて貢献し、街は発展し続けます。

更に駐車区画は収入を発生させます。

  1. 商業ユニットからの収益
    商業ユニットは収益を発生させますが、それは黄色の動力キューブに隣接して動力が供給される時だけです。
    街がそれらにサービスを提供しなければ、税を課すことはできません。
    1個のキューブの動力が供給されている商業ユニットは$1の収益を発生させます。
    2個のキューブの動力が供給されている商業ユニットは$1+$2=$3の収益を発生させます。
    ユニットが1階のみに配置されている場合は追加の収益はありません。
    ユニットの一番高い階が2階にある場合は、収益に$1を加えてください。
    ユニットの一番高い階が3階にある場合は、収益に$1+$2=$3を加えてください。
    例として、一番高い階が4階にある4個のキューブからなる商業ユニットは、$1+$2+$3+$4(サイズからの収益)と$1+$2(高さからの収益)で、合計$13の収益があります。
    素早くこれを計算するためには、セントラルボード上のチャートを見てください。
    商業ユニットは高さによる収益を得るために1階から建てる必要はありません。
    最も高い階にあるキューブのみが考慮されるからです。
  2. 駐車区画からの収益
    駐車区画はそれに隣接しているキューブの数によって、収益を発生させます。
    駐車区画に隣接している各キューブは$1を発生させます。
    駐車区画は積み重ねることができないため(積み重ねるとエレベーターと見なされます)、最大で$4の収益を生み出します。
    駐車区画は1個以上のキューブで構成されることがありますが、それらは全て1階にある必要があります。
    駐車区画が収益を生み出すために動力は必要ありません。
  3. 街の手数料からの収益
    街は手数料、許可書、罰金及びその他の同じような徴収によって、独力で$1の収益を発生させます。

フェーズ5 公共工事

公共工事フェーズでは、各市長はそれらの街の基盤施設を構築する際に現金の内のいくらかを投資することがあります。

より多くの建築と発展の発生、より多くの動力の提供や高さ制限を上昇させたりすることを可能にします。

逆の順番で、各プレイヤーは1個の黄色の動力キューブまたは1個の黒色のエレベーターキューブをストックから購入して街に配置するかどうかを選択します。

プレイヤーの街に、初めて黄色の動力キューブを購入・配置する場合は$5の費用がかかります。

もし、それが2個目の場合は$10、3個目の場合は$15の費用がかかります。

プレイヤーの街に、初めて黒色のエレベーター/駐車場キューブを購入・配置する場合は$5の費用がかかり、そして1階に置く必要があり、これは駐車区画になります。

もし、それが2個目の場合は$10の費用がかかり、エレベーターを作るのであれば既存の黒いキューブの上に置く必要があります。

3個目の場合は$15の費用がかかります。


ラウンドの終了

全てのプレイヤーがフェーズ5を完了したら直ちに、左側の次のプレイヤーにキューブの袋を渡します。

受け取った人は次のラウンドの新しいスタートプレイヤーになります。

キューブの袋から空になった時(10ラウンド後)、ゲームは終了します。


最終得点計算

ゲームの終了時にあなたの街を評価し、どれだけの人々がそこに住んでいるか、どれだけのお金をあなたが持っているか、どれだけ周囲を取り囲むように街の成長をコントロールしているかによって得点を得られるでしょう。

これらの得点を計算するために、プレイヤーは収入トラックを使用して初めにお金を得点に変換します。

  1. 現金からの得点
    街は、ゲーム終了時に残されている現金$5毎に1ポイントが与えられます。
  2. 住居ユニットからの得点
    住居ユニットは街から得点を得ますが、それは黄色の動力キューブに隣接していて動力が供給されている場合のみです。(ほとんどの人々は暖房と水を備えたアパートを望んでいます)
    1個からなる動力が供給されている住居ユニットは1ポイントを得て、2個からなる動力が供給されている住居ユニットは1 + 2 = 3ポイントを得ます。
    住居ユニットが1階のみに置かれている場合は、追加のポイントはありません。
    住居ユニットの一番高い階が2階にある場合は、1ポイントを追加してください。
    住居ユニットの一番高い階が3階にある場合は、1 + 2 = 3ポイントを追加してください。
    素早く計算するためにセントラルボードのチャートを見てください。
    住居ユニットは、高さによるポイントを得るために1階から建てる必要はありません。
  3. 郊外への建築によるペナルティ
    街の無計画的拡大から回避できていない街は、郊外に建てているキューブ毎に1ポイントのペナルティを受けます。

最大のポイントを得た集めたプレイヤーが勝利者となります。
同点の場合は、5階建てのキューブを最も持っているプレイヤーが勝利します。

更に同点の場合は、4階建てのキューブを最も持っているプレイヤーが勝利します。


以上が簡単なルール説明ですが、獲得したキューブの配置により、より高い収入と得点を目指すのがこのゲームのメインのようです。

キューブの配置のルールは細かく少し複雑ですが、プレイしていれば覚えられると思います。

このゲームはキューブの配置が全てと思われます。

毎ラウンドで獲得できるキューブは2個だけ(公共工事フェーズで購入すれば更に1個)ですので、発展フェーズでうまく住居や商業キューブが増えるように配置を考えなければなりません。

また黒いキューブはエレベーターと駐車区画を兼ねていますが、収入元になる駐車区画にするか、高さ制限を緩和するためのエレベーターにするか悩むところです。

さてこのゲームですが、今回は製品版への投資になっています。

ただ、投資額は既に既定額を超えているため、製品化は確定しています。

投資額に応じてのリワードは残念ながらありませんが、KickStarter限定でボードが両面仕様になっていたり、拡張ボードが追加されています。

ルールブックはPDFでダウンロードできます。

ちなみに私は投資する予定はありません。

街作りのゲームは非常に好みのゲームですが、少しルールが煩雑な感じがします。

また細かい制限があるため、狭い自分の街の区画をやりくりして最大の効果を生み出すようなパズル的な内容です。

そのため、非常にソロプレイ感が強いと思います。

他プレイヤーとの絡みはせいぜい投資フェーズでのキューブの取り合いぐらいです。

施設を表すキューブは16mmサイズなので、それなりの街の大きさを実感できるので惹かれる部分はありますが、今のところは投資にまでは至らないという感じです。

現時点で残り11日、既定額はクリアしているので製品化は決定しています。

$60で日本への送料を含めて、完全な製品版が1セット入手できます。

但し、小さい印刷会社で製造するため、投資者が増えると今後は$70に上昇する可能性があります。

発送予定は2014年11月となっています。