54 Card Games その1 Diner

Dice Hate Me Games社が2014.01.02まで行っていた「54 Card Game Design Challenge」というコンテストでの優秀な作品を集めて、KickStarterでのKickを呼びかけています。

今回のプロジェクトでは6つのカードゲームがラインナップされていています。

このブログでは何回かに分けて、その6つの作品を紹介したいと思います。

Diner

このDinerというゲームは、54 Card Game Design Callengeの大賞を受賞したカードゲームです。

2-4人プレイ、ゲーム時間の目安は10-15分となっています。


あなたと他のプレイヤーは、今夜誰が一番チップを稼ぐか賭けをしています。

あなたの区画にお客を座らせて注文をとり、給仕することでチップを得ようと慌ただしく動き出します。

しかし、終了時間までにみんなに給仕することを忘れないように。

さもないと、マネージャーはあなたの給料を減額するでしょう。


コンポーネント

  • ルールシート
  • 片方がテーブル、もう片方が料理になっている54枚のカード

上記以外に

  • 5個のアクショントークン

が必要です。(含まれていません)

トークンの代わりになれば、何でもいいです。

カードの表裏面
カードの表裏面

カードの表はMeal Side(料理)を表す面です。

裏はTable Side(テーブル)を表す面です。

Table Sideの真ん中にはチップの額面が書かれています。

そして角の部分の絵はこのテーブルが注文している料理を表しています。


ゲームの目的

他のプレイヤーと同じ時間、担当区画にテーブルを据え付けて、料理を収集し、テーブルに給仕を行うことで最も多くのチップを稼ぎます。


セットアップ

セットアップ
セットアップ
  1. テーブル面を上にしてカードをシャッフルするためのディーラーを決めてください。
  2. 各プレイヤーにアクショントークンを1つずつ、ディーラーの左隣のプレイヤーにもう1つトークンを渡します。
  3. 各プレイヤーにテーブル面を上にして3枚ずつ、カードを配ります。
    プレイヤーはこのカードを手札とします。
  4. テーブルの中央に3枚、テーブル面を上にしてカードを置きます。
    ここをLounge(ラウンジ)とします。
    食事に来たお客はここで着席できるまで待ちます。
  5. 残りのカードをおよそで3つに分け、料理面を上にしてラウンジの近くに置きます。
    ここをKitchen(キッチン)とします。
    ここで料理は準備され、ウェイターにより給仕されます。
  6. 各プレイヤーの前のエリアはPlayer Section(プレイヤーの担当区画)と呼ばれ、テーブルが据え付けられて給仕されるのを待っています。
    テーブルに料理が給仕された場合、担当区画の近くのTips(プレイヤーのチップ)にカードは置かれます。
    これらのエリアは最初は空の状態で始めます。
  7. 捨て札はラウンジの近くに料理面を上にして置きます。
    キッチンと混同しないように、キッチンとは反対側に置きます。
    このエリアも最初は空の状態で始めます。

ゲームプレイ

このゲームでは、プレイヤーにはターンがありません。

プレイヤーがアクショントークンを持っている場合は、常にプレイヤーはアクションを行うことができ、トークンは右隣に渡さなければなりません。

通常は、複数人のプレイヤーが同時にアクションを行います。

但し、他のプレイヤーがアクションを行う間に1人のプレイヤーが何もアクションを行わない場合、そのプレイヤーは複数のアクションを行うためにトークンを溜め込みます。

その一方で他のプレイヤーはトークンが回ってくるのを待っています。

ディーラーが「Open!」と叫んだ時にゲームは開始されます。

プレイヤーは直ちにアクションを行うことができます。

プレイヤーがアクショントークンを持っている時は、4つのアクションの内いずれかのアクションを行うことができます。

  • カードを引く
  • プレイヤーの担当区画にテーブルを据え付ける
  • カウンターに座らせる(廃棄)
  • 給仕する

カードを引く

  1. キッチンにあるデッキの一番上から1枚の料理面のカードを取り、手札に加えます。
  2. アクショントークンを1個、右隣に渡してください。

テーブルを据え付ける

  1. ラウンジにあるテーブル面のカードを取って「Seating」と言って、プレイヤーの担当区画にカードを置きます。
  2. キッチンにあるデッキの一番上から料理面のカードを1枚取り、テーブル面を表にしてからラウンジの空いた場所にカードを置きます。
    ラウンジには常に3枚のテーブル面のカードが置かれなければなりませんので、補充を忘れないでください。
    もし忘れている時は、他のプレイヤーがそのプレイヤーに補充することを思い出させてください。
  3. アクショントークンを1個、右隣に渡してください。
    1回のアクションで据え付けられるテーブルは1枚だけですが、担当区画にはいくつでもテーブルを据え付けることができます。
    一度テーブルが担当区画に据え付けられると、そのテーブルはそのプレイヤーだけが給仕することができます。
    但し、ゲーム終了時に給仕されていないテーブルが残っている場合はマネージャーがあなたの給料を減額します。
    減らされる額は、残っているテーブルの価値(チップ)分です。
    チップの範囲は$1から$8で、大多数は範囲の中間ぐらいの額です。
    珍しい料理が必要なテーブルは、チップの額が最も高くなります。

カウンターに座らせる

  1. ラウンジから1枚テーブル面のカードを取って「Counter」と言って、カードを料理面を上にして捨て札置き場に捨てます。
    これはその客をカウンターで食べさせたという意味です。
  2. キッチンにあるデッキの一番上から料理面のカードを1枚取り、テーブル面を表にしてからラウンジの空いた場所にカードを置きます。
    ラウンジには常に3枚のテーブル面のカードが置かれなければなりませんので、補充を忘れないでください。
    もし忘れている時は、他のプレイヤーがそのプレイヤーに補充することを思い出させてください。
  3. アクショントークンを1個、右隣に渡してください。
    このアクションは、自分は給仕できないが他のプレイヤーが給仕することができるテーブルを廃棄することでチップを稼ぐことを防ぐ、もしくは有効なテーブルがラウンジにない時にカードを入れ替えるために使用します。

給仕する

  1. 担当区画にあるテーブルで注文されている料理を手札から出して「Order Up!」と言います。
    但し、1つのテーブルで注文されている食事全てを1度に出す必要があります。
    ラウンジにあるテーブルには給仕することはできません。
    給仕した料理は、捨て札置き場に料理面を表にして捨てます。
  2. 給仕したテーブル面のカードを、チップ置き場に置きます。
    このチップの額面がゲーム終了時のプレイヤーの得点になります。
  3. アクショントークンを1個、右隣に渡してください。
    青い特別な料理面のカードは「ワイルド」カードで、どの料理の代わりとしても使用することができます。

ゲームの終了

キッチンに置かれているカードの山が2つなくなった時に、ゲームは終了します。

気がついたプレイヤーはトークンを持っていなくても「Closing Time!」と言って、ゲームが終了したことを他のプレイヤーに知らせます。

ゲームプレイを直ちに終了してください。

ゲーム終了を知らせた時にプレイヤーがテーブルに料理を給仕していた場合は、そのテーブルには給仕できたと見なしてチップとして処理されます。


得点計算

手札にあるカードとラウンジにあるカードは全て無価値として、捨て札置き場に捨てます。

各プレイヤーのチップ置き場にあるカードの額面を得点に加え、担当区画に残っているテーブルの額面を得点から差し引きます。

最も、多くの得点を稼いだプレイヤーが勝利します。

同点の場合は、チップ置き場に置かれたカード枚数が多い方が勝利します。


プレイ動画も見ましたが、なかなか忙しい内容のゲームです。

しかし、ルールは非常にシンプルでどのテーブルを自分の担当として引き込むか、どの料理を取るのかということを常に考える必要があります。

また必要なテーブルや料理は素早くキッチンから取る必要があります。

トークンを持っている他のプレイヤーも同時に動いているので、先にテーブルを取られたり、料理を取られたりする可能性もあるため、常に素早い判断が必要です。

しかし、わざとプレイを止めてトークンを溜め込むことで、一瞬他のプレイヤーにはプレイさせず、自分が何回もアクションを起こすこともできるので、うまく活用したいものです。

今回は6つのカードゲームの内の1つ目の紹介でした。

残りの5つのカードゲームも順次、ブログで紹介したいと思います。