54 Card Games その4 The Fittest

Dice Hate Me Games社が2014.01.02まで行っていた「54 Card Game Design Challenge」というコンテストでの優秀な作品を集めて、KickStarterでのKickを呼びかけています。

このプロジェクトでは6つのカードゲームがラインナップされていています。

今回は前回に引き続き、その4としてカードゲームを紹介したいと思います。

The Fittest

このカードゲームは、54 Card Game Design Challengeの同点2位となった作品で、コンテスト内の対決ゲームでは一番ベストだったゲームです。

4-6人プレイ、ゲーム時間の目安は30-45分となっています。


プレイヤーはテレビ番組で最も厳しく、熾烈な競技の参加者として選ばれました。

競技者として名声と運に対する試みのために、他の競技者と競り合ったり、協調したりするでしょう。

もし単独で進むなら勝利することは難しいですが、かといってあまり親切にしないことです。

プレイヤーは勝利するためには、少し陰険な攻撃をしなければならないでしょう。


コンポーネント

  • 6枚の競技者カード
  • 48枚のゲームカード

セットアップ

  1. プレイヤーはランダムに競技者カードの内の1枚を受け取ります。
    競技者のままで脇に置いてください。
  2. 残りのカードをシャッフルし、各プレイヤーに3枚ずつ配ります。
  3. 実在するショーを最近見たプレイヤーがスタートプレイヤーになります。

カードタイプ

競技者カード

競技者カード
競技者カード

右のカードが競技者カードです。

Aはこの競技者の一番高いスキルを表し、得点計算で使用します。

Bはこの競技者の能力を表します。

この競技者の場合は「リーダーになった場合、カードを1枚引く」のが能力です。

Cはこの競技者のスキル値を表します。

左上からStrength(力)、Plotting(策略)、Speed(速さ)、Survival(生存力)、Creativity(創造性)、Knowledge(知識)を表します。

競技者カードは、ショー内のプレイヤー自身を表します。

各カードは、他プレイヤーに対して独特なアドバンテージを与える能力を持っています。

競技者は更にゲーム内の6つのスキルに対する異なる値を持っています。

これらのスキルは、ゲームへの挑戦及びトライアルを終えるために役立ち、そしてどれぐらい有能であるかを決定します。

ゲームカード

ゲームカード
ゲームカード

その他の全てのカードはデッキを構成します。

これらのカードには異なる用途があります。

手札にあるカードは、交渉フェーズ中に他者に影響を与えるため(Bの部分)に、またはトライフェーズ中に能力を高めるため(Aの部分)に使用されます。

どんな時でも手札の中に5枚を越える枚数のカードがある場合、直ちに5枚になるようにカードを廃棄する必要があります。

カードをひっくり返してチャレンジする時、重要なのはカードの下半分の部分です。

チャレンジの目標は、すぐ下にある値を含めたスキルシンボル(Cの部分)によって表されます。

成功するためには、全ての参加者のスキル値と上昇した値とボーナスの合計が、目標値以上でなければなりません。

左のバー内の数字(Aの部分)は、チャレンジが成功した場合に勝利への報酬を表します。
カードが報酬の山(競技者カードの後ろに置かれた)に置かれる場合、価値は左のバー内の数字(Aの部分)で表されます。
報酬の山にあるカードは隠すことはできません。(公開情報)

スペシャルカード

トライアルカード
トライアルカード

トライアルカードはチャレンジを発生させ、プレイヤー同士を競わせます。

このカードはチャレンジへの契機になる他、交渉フェーズでは通常通り他者に影響を与えます。

そして各プレイヤーはリーダーの左隣から始めて時計回りに、個々のトライフェーズでは参加するべきかどうかを決定します。

その後、スキルの上昇に使用するか、ボーナスフリップを行うかでプレイヤーのスキルを上昇させます。

チャレンジに参加しないプレイヤーは、カードを1枚引きます。

チャレンジに参加した最も高い合計値になったプレイヤーが、自身の報酬の山にトライアルカードを置き、そして次のターンのスタートプレイヤーになります。

2つのトライアルカード
2つのトライアルカード

あるいはチャレンジで、プレイヤーに達成することを試みるための2つの目標を選択させるカードもあります。

どちらを目標とするかは、スキルの上昇とボーナス適用の前に選択する必要があります。

任意のスキルを上昇
任意のスキルを上昇

通常、スキルアイコンが描かれている部分に「?」マークが描かれている場合は、上昇させるスキルをプレイヤーが自由に決めることができます。

チャレンジの目標として使用するスキルは、そのターンのリーダーが自由に決めることができます。

これは、スキルの上昇とボーナス適用前に決定する必要があります。

トライアルはプレイヤーのトライフェーズの開始時にどのスキルを使用するか、各プレイヤーが決めることができます。

全スキル使用
全スキル使用

「ALL」アイコンが目標として描かれている場合、これはチャレンジに成功するには6つのスキル全てがこの値以上である必要があることを意味します。


ゲームプレイ

ゲームは一連の流れに沿って行われます。

  1. フリップフェーズ
    デッキの一番上のカードを反転して、リーダーの前に置きます。
    このカードはチャレンジの目標と報酬を示します。
  2. 交渉フェーズ
    チャレンジに成功するために参加する人を取りまとめるのはリーダーの役割です。
    プレイヤーは、参加と引き換えに報酬の分け前を求めることがあります。
    一度同意した取引には従う必要がありますが、リーダーは不可能な取引に同意することはできません。
    例えば、複数のプレイヤーに最初に分け前をあげると約束したり、可能な報酬以上に与えると約束したりすることはできません。
    このフェーズ中にチャレンジに参加しないプレイヤーを含む全プレイヤーが、手札から影響を与えるためにカードをプレイすることがあります。
    カードをプレイして影響を与えた後は、そのカードは廃棄し、捨て札の山に置きます。
    このカードの影響の結果によりリーダーが替わった場合は、新しいリーダーの前にチャレンジカードを置いてください。
    その場合、成立していた取引や参加を強要する効果は全て無効になり、新しいリーダーはゼロから取引を取りまとめます。
    リーダーが交渉を終えて、影響のあるカードのプレイを希望するプレイヤーがいない場合、トライフェーズに移ります。
  3. トライフェーズ
    チャレンジに参加するプレイヤーは、スキル上昇を行うことがあります。
    スキル上昇を行う場合は、手札からカードをプレイします。
    プレイしたカードのアイコンと色によって表されるスキルに、その数値が加えられます。
    参加するプレイヤーによるスキル上昇が全て終わったのなら、リーダーによるボーナスフリップを行います。
    ボーナスフリップはデッキの一番上のカードをめくり、そのカードの上昇値を全てのスキルに加えます。
    その後、全てのスキル上昇に使用したカードとボーナスフリップで使用されたカードは、捨て札の山に置かれます。
  4. 解決フェーズ
    参加者が目標を全て達成している場合、リーダーはチャレンジの報酬と同じ枚数のカードをデッキから引いて、約束した取引によってそれらを分配します。
    取引がない場合は、リーダーが自由に分配を決めます。
    目標を達成できていない場合はチャレンジ失敗となり、報酬はありません。
    チャレンジカードは捨て札の山に置きます。
    参加しなかったプレイヤーもカードを引く場合があります。
    そしてリーダーの左隣のプレイヤーが次のターンのリーダーになります。

ゲームの終了

山札のカードが尽きた場合、捨て札の山をシャッフルして新しい山札とします。

プレイヤーがカードを引けなくなった場合、ゲームは直ちに終了します。

解決フェーズで報酬とするカードの枚数に、山札と捨て札の枚数が足りない場合はそこでゲームは終了します。
その場合、報酬は与えられません。

プレイヤーは報酬の値を全て合計して、更に競技者の最も高いスキルと一致する報酬の枚数分2ポイントずつ加えます。

最もポイントの高いプレイヤーが勝利します。


プレイヤーはリーダーになっている場合は、チャレンジを成功させるために他プレイヤーと協力してチャレンジ成功を目指します。

そして、リーダー以外の場合はチャレンジに参加して報酬を要求することで報酬を獲得します。

この繰り返しで多くの報酬獲得を目指します。

協力型ではあるけど勝利するのは1人のプレイヤーのみであるため、準協力型と言えます。

つまり、自分のチャレンジはできるだけ成功させて、他プレイヤーのチャレンジはできるだけ失敗させるようにプレイすることになります。

しかし、他プレイヤーのチャレンジを失敗させ続けていると自分のチャレンジ以外で報酬が手に入らなくなり、その部分で悩むことになります。

今回は6つのカードゲームの内の4つ目の紹介でした。

残りの2つのカードゲームも順次、ブログで紹介したいと思いますが、プロジェクトが終わるまでに紹介できることやら...