ゲーム用マット

ボードゲームをプレイする時にテーブルに敷く布類、つまりテーブルマットについていろいろと。

事の発端は私が使用しているゲーム用マット。

今使用しているのはゲームフィールドで売られているボード・カード専用ゲームマットというもので素材はミンクソフトで作られている。

ミンクソフト自体はすごく滑らかで肌心地もよく、非常に気にいっているがそれでも不満がないわけじゃない。

 

1つは、ゲームマットの保管方法。

ゲームマットは大型なので巻くか、もしくは折るかのどちらかしか保管方法はない。(吊しておくというのもあるけど)

巻くと巻き癖が気になり、また折ると折り目が気になるわけで、どちらにしても不満があるわけです。

今は折って保管しているけど、やはり折っている時の跡がついていて、広げた時に折り目の部分が山になったり谷になったりするわけです。

 

もう1つは、汚れの問題。

ミンクソフトは布なので当然使っているとだんだん汚れていきます。

特に細かい埃のような毛とかが付着していくわけで、しかも水洗いできるわけじゃなく、そのようなゴミは取り除くのが大変なのです。

結論として、今のゲームマットは気にいっているが不満もあり、自分としてはもっとベストなゲームマットが欲しいわけです。

そこでアマゾンで布生地が売られていることもあって、いろいろ試すために購入してみました。

スエード
スエード

まず1点目はスエード

スエードは加工した皮革・合成皮革の1種で、皮をサンドペーパー等で磨いて起毛したものだそうです。

スエード製品は普通に売られているので、皆さんが知っている通り、非常に手触りは滑らか、触り心地はかなりいいです。

臭いは無臭です。

但し、起毛しているためか細かいゴミは付着しやすく、一度付着すると非常に取りにくいです。

また非常に手垢等の汚れが付きやすそうで、汚れを落とすために洗うのは難しいようです。(スエード専用のクリーナーはあるようですが)

またこの生地は厚さ0.5mmで非常に柔らかいですが、折り目も付きやすいです。

生地は折り畳んで送られてきましたが、既に折り目がついていました。

但し、生地が柔らかいために折り目がついていてもテーブルの上に敷くと折り目部分は目立ちません、触っても特に凸凹も感じません。

少し厚さがあるのでダイスを転がした時の音は、テーブルで転がした時よりは小さめです。

端の綻びは全くありません。

次にテーブル上に敷いた時ですが、以外と滑りません。

起毛部分の摩擦が高いのか、とにかくテーブルに敷いたままずらして動かそうとするとそれなりの力が必要でした。

これなら特に滑り止めは必要なさそうです。

最後に生地の上ですが、スリーブを着用したカードを置いてみましたが、やはり滑りにくいです。

カードを投げてもすぐにぴたっと止まります。

チット類も同じようにぴたっと止まります。

この滑り易さの評価はゲームをプレイしている人によって異なると思いますが、さすがに滑らなさすぎるのでこれは駄目ですね。

逆に動いて欲しくないボード類にはいいと思います。

取りやすさはカードもチット類も同じで、テーブルよりは取りやすいと感じました。

ストレッチレザー
ストレッチレザー

2点目はストレッチレザー

伸縮性のある合皮レザーで、柔らかく衣装に最適な合皮生地です。

試しに引っ張ってみましたが結構四方に伸びます。

手触りは表面が少し固く皺状に加工しているので、少しざらついた感触です。

手で撫でていると手と生地で擦れた音がします。

臭いは表、裏ともにほぼ無臭です。

スエードと異なり、ゴミは付着しにくそうです。

またこの表面であれば、擦ってゴミを取ることもできそうです。

水洗いは厳禁ですが、ドライクリーニングは可能なので酷く汚れた場合でもクリーニングに出して綺麗にすることはできそうです。

ただこの生地も手垢等の汚れはスエードほどではないですが、つきやすそうです。

次に折り目ですが、この生地もスエードと同じように折り畳んで送られてきましたが全く折り目はついていませんでした。

試しに折って上から強く擦ってみましたが、広げると折り目はすぐに消えてわからなくなりました。

厚さは0.2mmと書かれていて、少し厚めの紙ぐらいです。

非常に薄いため、ダイスを転がした時の音は若干小さくなる程度です。

端の綻びは全くありません。

次にテーブル上に敷いた時ですが、全く滑りません。

購入した商品で異なる可能性がありますが、私が購入したストレッチレザーは裏地がポリエステル100%となってるためか、ぺったりとテーブルに張り付いているような感じです。

これなら滑り止めは全く必要ありません。

最後に生地の上ですが、スリーブを着用したカードを置いてみましたが、滑りやすさは良好です。

スエードのようにぴたっと止まることもなく、滑りすぎることもない最適に近い滑りやすさです。(欲を言えばもう若干滑って欲しい)

スエードのようにちょっとだけ引っかかるような感じもなく、カードもチット類も移動できます。

サニーレザー
サニーレザー

3点目はサニーレザー。

ストレッチレザーと異なり伸縮性はありません。

衣装用の合皮生地です。

手触りはつるつるではないですが、ストレッチレザーのようなざらつきはありません。

臭いは表・裏ともに無臭です。

ストレッチレザーと同じでゴミは付着しにくそうで、付着しても叩くだけですぐに取れそうです。

手洗いまたはドライクリーニングはできるそうなので、酷く汚れた場合は洗って綺麗にできそうです。

この生地はストレッチレザーと比べて、表面の凸凹がほとんどないので恐らく手垢等の汚れは付きにくいと感じました。

次に折り目ですが、こちらの生地も同様に折り畳んで送られてきており、残念ながら折り目がかなりついていました。

テーブルに敷けば折り目は目立たないので気になりませんが、割と折り目が付きやすそうです。

この生地も薄いため、ダイスの音は若干小さくなる程度です。

次にテーブル上に敷いた時ですが、滑ります。

これは裏の材質はストレッチレザーと同じポリエステルなのですが、加工が違うためだと思われます。

滑り止めがないと簡単にずれてしまいます。

最後に生地の上ですが、スリーブを着用したカードを置いてみましたが全く滑りません。

表面の凸凹がないためかスリーブに密着してしまい、力を入れてもカードが滑りません。

チット類を置いてみると普通に滑りますのでスリーブを試しに外してみるとカードも滑るようになりました。

スリーブとは相性がかなり悪いようです。

ハイミロン
ハイミロン

ここまでの3点は合皮系の生地でしたが、最後は布系生地のハイミロンです。

ハイミロンは化繊の糸で織ったベルベット風仕上の毛羽のある布地です。

ミンクソフトより高級とされています。

伸縮性はほぼなし、手触りは非常に滑らかですが、サニーレザーほどつるつるではないです。

臭いは若干ありますがよく臭わないと気が付きません。

スエードと同じで細かいゴミは付着しやすく、また擦っても取りにくいです。

手垢等の汚れも付きやすそうで、水洗いができない生地なので汚れを取るにはかなり苦労しそうです。

次に折り目ですが、こちらも同様に折り目は付きやすい生地です。

テーブルに敷けば折り目は目立たず、また凸凹も感じません。

手で折って折り目をつけてみましたが、数回折り目を擦っていると折り目はほぼ見えないぐらいまで消えました。

厚さはストレッチレザーより厚く、ダイスの音は若干小さくなりました。

次にテーブルに敷いた時ですが、滑ります。

これは裏の生地がキュプラ80%ナイロン20%の混合のため、滑りやすいようです。

裏も表と同じ生地であれば、滑らないので裏地が問題と思われます。

最後に生地の上ですが、スリーブを着用したカードを置いてみましたが滑りは非常に良好です。

滑りすぎず、また滑らないこともなく、快適な滑りです。

ストレッチレザーも滑りはいいのですが、表面のざらつきでスリーブなしのカードだと傷つく可能性があり、その点を考慮するとハイミロンの方が滑りは快適であると思います。

ここまで4点ほど合皮及び布製品を見てきましたが、正直全ての点で満足できる製品はありませんでした。

どの製品も一長一短があり、決定的ではありません。

まだまだ、ゲームマットを求める旅は終わりそうにありません...