Cacao Chocolatl(カカオ ショコラトル)

カカオ ショコラトル
BGGより引用

2016年のニュヌルベルク国際玩具市で発表され、4月に発売されたカカオの拡張「ショコラトル」です。

ドイツ語タイトルで「ショコラトル(Chocolatl)」で、もちろんカカオを原料としたチョコレートの事を指しています。

当然、カカオの拡張ですので本体である「カカオ」が必須となっています。

この拡張「ショコラトル」には4種の拡張が含まれていて、それぞれを単独で本体と一緒にプレイすることも組み合わせてプレイすることも可能です。もちろん、4種すべて本体と一緒にプレイすることも可能です。

以下、その4種の拡張について紹介したいと思います。


第1拡張 マップモジュール

マップモジュール
マップモジュール

このモジュールに含まれるのは、マップボードとマップタイル。

マップボードはセットアップ時にテーブル中央に、マップタイルはそれぞれのプレイヤーに2枚ずつ配ります。

ジャングルタイルの公開
ジャングルタイルの公開

そして、ジャングルタイルを並べる時は、マップボードに2枚、マップボード外に2枚の合計4枚を公開します。

プレイヤーの手番でジャングルタイルをプレイエリアに並べる時は、マップボード外の2枚とマップボードの2枚から選んで並べることができます。ただし、マップボードの2枚を取る場合は手持ちのマップタイル1枚を支払う必要があります。マップタイルを持っていない時は、マップボード上のジャングルタイルは選べません。

ジャングルタイルの補充1
ジャングルタイルの補充1

そして右図のようにジャングルタイルが取られた時の補充は、

ジャングルタイルの補充2
ジャングルタイルの補充2

マップボードからマップボード外にスライド、そして空いたマップボードに山から補充となります。


通常2枚しかないジャングルタイルの選択肢が4枚に増えるため、若干タイル運が緩和されるかと思います。また、あのジャングルタイルを置きたいけどマップタイルを払うか、それともスライドするのを待つか、その間に誰かに使われるかもと軽いジレンマも増えると思います。


第2拡張 水撒きモジュール

水撒きモジュール
水撒きモジュール

このモジュールに含まれるのは、水撒きタイル。

農園と入替
農園と入替

水撒きモジュールを本体と組み合わせてプレイする時は、1つの農園1枚と2つの農園1枚と入れ替えて使用します。


本来のセットアップ
本来のセットアップ

そしてセットアップでは、本来は右図のように配置してから始めますが

水撒きのセットアップ
水撒きのセットアップ

水撒きモジュールと組み合わせてプレイする場合は、残り1枚の


自分の村1
自分の村1

プレイ時は、自分の村の水運搬人が0点の位置、カカオが2個倉庫にある場合に

水撒きタイルを配置
水撒きタイルを配置

自分のワーカーに水撒きタイルを配置すると(左図ではワーカー2人に隣接)


自分の村2
自分の村2

水運搬人を反時計回りに1マス戻して(-1点の位置)、代わりにカカオを4個獲得

自分の村3
自分の村3

倉庫は2個使用しているので、カカオを3個のみ倉庫に格納して残り1個はサプライに戻します。


今まで貯めるしかなかった自分の貯水池にある水を使用することで、農園を使用せずにカカオを獲得できるようになります。本体のみのプレイでは、水を最大まで溜め込むのがセオリーだと言われてましたが、水の使い道ができましたので、これで水を最大まで貯めておくか、または使用してカカオを得てさらに売却してお金を得るかという選択肢ができたと思います。


第3拡張 ショコラトルモジュール

ショコラトルモジュール
ショコラトルモジュール

3番目のモジュールは、この拡張のタイトルにもなっているショコラトルです。

このモジュールに含まれるのは、ショコラトルキッチン、ショコラトルマーケット、そしてショコラトルバーです。

市場・金鉱と入替
市場・金鉱と入替

ショコラトルモジュールを本体と組み合わせてプレイする時は、売値3の市場および金鉱と入れ替えて使用します。


タイル配置前の村
タイル配置前の村

プレイ時は、自分の村の倉庫にカカオが2個ある場合に

キッチン配置
キッチン配置

自分のワーカーにショコラトルキッチンを隣接して配置すると(左図ではワーカー2人に隣接)


タイル配置後の村
タイル配置後の村

自分の村の倉庫にあったカカオをサプライに戻し、代わりにショコラトルバーを獲得し、倉庫に格納します。


市場配置
市場配置

そして自分のワーカーにショコラトルマーケットを隣接して配置すると(右図ではワーカー1人に隣接)

ショコラトル売却
ショコラトル売却

自分の村の倉庫にあるショコラトルバーを売却して7ゴールドを獲得します。

カカオも売却できますが、ショコラトルバーに加工することで高く売れるというわけです。


一手間かけて、カカオをそのまま売らずにショコラトルに加工してから売却することで、より高額のお金を獲得することができるようになります。お金=点数となりますので、お金は非常に重要です。

このモジュールにより、カカオを大量に売却してお金を稼ぐか、またはショコラトルに加工して高額で売却して稼ぐかの選択肢が増えることになります。


第4拡張 小屋モジュール

小屋モジュール
小屋モジュール

最後は村にいろいろな効果を持った小屋を追加する小屋モジュールです。

このモジュールに含まれるのは、小屋タイル12枚です。12枚ですが表と裏で効果が異なり、計24種類の小屋が存在します。小屋はゲーム終了時にボーナス得点をもたらしてくれる効果がほとんどで、ゲーム中に効果を発揮する小屋はかなり少ないです。

セットアップ時に特に取り除くものはなく、そのままゲームに追加することができます。セットアップ時はランダムで小屋タイルの表裏を選び、一度選ばれた面側をゲーム中は使用することになります(裏側の面は使用できない)。

小屋の建設
小屋の建設

小屋を建てるのは簡単です。それぞれの小屋タイルの上側に描かれている数字分のゴールドを支払うだけです(右図では6ゴールドを支払う)。

村に小屋を建設
村に小屋を建設

ゴールドを支払うことで、自分の村に小屋を建てます。以降は、この小屋に効果がある場合は、その効果が適用されます。


ゲーム終了時の小屋
ゲーム終了時の小屋

ゲーム終了時、どの小屋も建設にかかったコスト(ゴールド)は点数に加算されることになります。さらにその小屋自身の効果によるボーナス得点もあります。

右図の例では、「ゲーム終了時に倉庫に残っているカカオ1個につき1ゴールドを得る」という効果の小屋です。

従って、小屋自体のコストである6ゴールドと、倉庫に残っているカカオ3個によるボーナスで3ゴールド、合計9ゴールドを点数に加算することになります。

ゲーム終了時のボーナスが増えるため、このモジュールを組み合わせてプレイする時は小屋を建てることが必須になると思います。小屋の効果やコストも様々で、一番高い小屋は酋長の小屋24ゴールド、効果「ゲーム終了時に6ゴールドを得る」という小屋になります。この小屋を建てた場合は、ゲーム終了時に合計30ゴールド加算されることになります。

小屋の金額を見ればわかりますが、24ゴールドを得るのは非常に難しいため、ショコラトルモジュールのようなお金を稼げるモジュールと組み合わせた方がいいと思います。


総論

まだ未プレイですので断定的な事は言えませんが、内容からはプレイ感を大きく変えるような拡張ではなく、本体にあった隙間を埋めるようなミニ拡張に近い拡張集という感じがします。

そういう意味でカカオ自体を気に入ってる人には、いい拡張ではないかと思います。


おまけ 火山ミニ拡張

BGGストアでカカオのミニ拡張「火山(原題:Cacao Volcanoes)」が販売されていて購入しましたので、このミニ拡張も合わせて紹介したいと思います。

火山タイル
火山タイル

このミニ拡張に含まれるのは火山タイル、20ゴールド金貨になります。

20ゴールド金貨は他の金貨と合わせて使用します。

セットアップ
セットアップ

セットアップ時は、金鉱タイルと入れ替えて使用します。


火山タイルの配置
火山タイルの配置

その他のルールは本体のルール通りです。

火山タイルを配置した場合は、ワーカーに隣接している方向に描かれている金貨を獲得します。

右図では黄色ワーカーのプレイヤーは2ゴールドを得ます。しかし、赤色ワーカーのプレイヤーは-1ゴールド、つまり1ゴールドを失います。

金鉱の場合は描かれているゴールドを均等に得るだけですが、火山タイルの場合は隣接している方向によって、ゴールドを得たり、失ったりすることがあります。

しかし、このミニ拡張の真の効果はこの火山タイルではありません。

通常の収納
通常の収納

カカオ本体の箱はプラスチック製のインサートが入ってますが、その1部はタイルシートが入っていたため窪んだ形状になっています。この上に村ボードを置いて収納するわけですが、このままだと縦にした場合に隙間があるため、内容物がぐちゃぐちゃになってしまいます。

タイル枠の残りで完璧
タイル枠の残りで完璧

そこで火山タイルと金貨を抜いた後のタイル枠の出番です。左図のように残ったタイル枠の4辺を折り畳み、窪んだところに押し込めば、村ボードのその下側にある内容物を固定してくれます。隙間がなくなるので、縦にしても安心できます。


タイル枠の上側にも隙間があるので、他の拡張類はここに収納できます。収納に困っていた人はこれのためだけに、購入する価値はあるかもしれません。