Mint Works(すがすがしい仕事)

2016年にKickstarterでファンド達成した、Five24 Labsの「Mint Works(すがすがしい仕事)」の紹介です。

「ポケットサイズのワカプレ」の謳い文句と超低価格($10)で、6000人以上の人がBackerとなっています。

メーカー側からは「Mint Worksはルールを覚えるのがとても簡単で、戦略的なゲームを楽しめる1-4人用のすがすがしく軽量なワカプレです。」と説明されています。この「すがすがしく」というとこが、ハッカ(Mint)にかかっているのだと思われます。

以下、ルールの適当和訳です(適当ですので間違ってるところや、省略しているところがあります)。


概要

Mint Worksは、覚えるのが簡単であなたを引きつける十分な奥深さを持つ、すがすがしく軽量な1-4人用のワーカープレイスメントのゲームです。

プレイヤーはMintopia市の1地方で、素晴らしい都市開発をしている設計者の役割を担当します。

場所カード

(c) 2016 Five24 Labs
(c) 2016 Five24 Labs

※製品版はレイアウトが変更されています。

場所カードはワーカーが働く場所を表しています。このカードの上にワーカーを置くことで、場所ごとに異なる効果を得ることができます。

この図にはありませんが製品版にはカードの種類が描かれていて、Core(基幹)、Deed(証書)、Advanced(高度)の3種類があります。

場所カードには以下の10種類があります。

  • Builder(建設家):Core
    プレイヤーが持つ計画1枚を、自身の地方に建設して建物とします。
  • Crowdfunder(クウラドファンダー):Advanced
    プレイヤーはサプライからワーカー3個を得ます。その他のプレイヤーはサプライからワーカーを1個ずつ得ます。
  • Leadership Council(主評議会):Core
    プレイヤーは現在保持しているプレイヤーから、スタートプレイヤートークンを取ります。さらにサプライからワーカーを1個得ます。
  • Lotto(ロト):Deed
    この場所カードは最初は使用できません。いずれかのプレイヤーが計画カード「Lotto」を建設したときに初めて使用できるようになります。
    プレイヤーは計画カードの山札の一番上のカードを、自身の地方に計画として加えます。プレイヤーはこの計画を建設するまで、カードの内容を公開しません。
    維持フェイズのとき、このカードにワーカーが置かれている場合、所有者はサプライからワーカー2個を得ます。
  • Producer(生産者):Core
    プレイヤーは、サプライからワーカー2個を得ます。
  • Recycler(再生業者):Advanced
    ここにワーカーを置くことで、プレイヤーの地方にあるいずれかの建物または計画1枚を、計画カードの山札の一番下に戻すことができます。戻した計画カードに書かれている購入費用と点数の合計に等しい数のワーカーをサプライから得ます。
  • Supplier(供給者):Core
    プレイヤーは公開計画カードからカードを1枚得て、自身の地方に計画として置きます。場所カードに置くワーカーの数は、望む計画カードの購入費用となります。
  • Swap Meet(不要品交換会):Advanced
    ここにワーカーを置くことで、プレイヤーの地方にあるいずれかの建物または計画1枚を、公開計画カードのカード1枚と交換できます。
  • Temp Agency(人材派遣会社):Advanced
    プレイヤーは、他の場所カードにワーカーを置いているかのように、別の場所カードの効果を利用することができます。置くために必要なワーカーの数は、1個+望む場所カードで必要なワーカーの数となります。
  • Wholesaler(卸売り業者):Deed
    この場所カードは最初は使用できません。いずれかのプレイヤーが計画カード「Wholesaler」を建設したときに初めて使用できるようになります。
    プレイヤーは、サプライからワーカー2個を得ます。
    維持フェイズのとき、このカードにワーカーが置かれている場合、所有者はサプライからワーカー1個を得ます。

計画カード

(c) 2016 Five24 Labs
(c) 2016 Five24 Labs

※製品版はレイアウトが変更されています。

計画カードは特殊な効果を得られる建物を建設することができます。計画カードは持っているだけの状態を「計画」と呼び、建設された状態を「建物」と呼びます。

計画にはその計画カードを購入するための費用と、建設したときに得られる点数、そして建物の効果が描かれています。

また計画カードにはCulture(文化)、Product(製造)、Support(支援)、Deed(証書)の4種類があります。

計画カードには以下の21種類があります。

  • Gallery(画廊):Culture
    維持フェイズのとき、サプライからワーカー1個を画廊に加えます。画廊に置かれているワーカー1個につき1点を得ます。
  • Gardens(庭園):Culture
    効果なし
  • Statue(像):Culture
    効果なし
  • Museum(博物館):Culture
    効果なし、種類が文化の建物1枚につき1点を得ます。
  • Windmill(風車):Culture
    効果なし
  • Bridge(橋):Culture
    橋は種類が文化の建物2枚分として数えます
  • Factory(工場):Product
    維持フェイズのとき、サプライからワーカーを1個得ます。
  • Stripmine(露天鉱山):Product
    維持フェイズのとき、サプライからワーカーを3個得ます。
  • Workshop(工房):Product
    維持フェイズのとき、サプライからワーカーを1個得ます。
  • Corporate HQ(事業本部):Product
    維持フェイズのとき、自身の地方にある建物1枚につきワーカー1個をサプライから得ます。
  • Mine(鉱山):Product
    維持フェイズのとき、サプライからワーカーを1個得ます。
  • Co-op(協同組合):Product
    維持フェイズのとき、サプライからワーカーを1個得て、選んだ別のプレイヤーもサプライからワーカーを1個得ます。
  • Plant(生産施設):Product
    維持フェイズのとき、サプライからワーカーを2個得ます。
  • Vault(地下貯蔵室):Support
    効果なし、プレイヤーの地方にある計画1枚につき2点を得ます。
  • Assembler(組立工):Support
    Supplierから得た計画を自動で建設します。
  • Obelisk(方尖塔):Support
    効果なし、プレイヤーの地方にある建物1枚につき1点を得ます。
  • Landfill(ごみ処理地):Support
    プレイヤーの地方にある種類が文化の建物から得られる点数が1点減少する。1点の建物は0点となる。
  • Crane(クレーン):Support
    Builderに支払うワーカーの数を1個減らします。
  • Truck(トラック):Support
    Supplierに支払うワーカーの数を1個減らします。最小は1個です。
  • Lotto(ロト):Deed
    場所カード「Lotto」の所有者となります。
  • Wholesaler(卸売り業者):Deed
    場所カード「Wholesaler」の所有者となります。

準備

(c) 2016 Five24 Labs
(c) 2016 Five24 Labs

※右の図は古いです。

  1. 種類がCoreの場所カード4枚を、プレイ人数に応じた面を表にしてテーブルに並べます。
  2. 種類がDeedの場所カード2枚を、クローズ面を表にしてCoreの場所カードの隣に並べます。
  3. (選択)種類がAdvancedの場所カードから2枚をランダムに選んで、Coreの場所カードの隣に並べます。
  4. すべての計画カードを混ぜて、裏向きで場所カードの近くに山札として置きます。
  5. 計画カードの山札から3枚引いて、表向きで計画カードの山札の隣に並べます。これを公開計画カードと呼びます。
  6. ワーカーをまとめて公開計画カードの近くに置きます。これをワーカーサプライと呼びます。
  7. 各プレイヤーはサプライからワーカー3個を取り、手前に置きます。各プレイヤーの手前の部分を、そのプレイヤーの地方と呼びます。
  8. 最も爽やかな息を吐く人がスタートプレイヤーとなり(!?)、スタートプレイヤートークンを取ります。

ゲームの進め方

各ラウンドは開発フェイズと維持フェイズで構成されています。

開発フェイズ

スタートプレイヤートークンを持っているプレイヤーから、最初の手番を行います。手番では、プレイヤーに2つの選択肢があり、「配置」または「パス」アクションのいずれか1つを選びます。いずれかのアクションを終えた後、時計回りの順番で次のプレイヤーに手番は移ります。

すべてのプレイヤーが「パス」アクションを選ぶまで、開発フェイズを繰り返します。

開発フェイズが終わった後、維持フェイズを行います。

配置アクション

プレイヤーは、場所カードの占有されていないワーカーを置く所のいずれか1箇所を選び、その箇所で要求されている数のワーカーを置きます。そして、その場所カードの効果を解決します。要求されるワーカーの数は、場所カードによって異なります。

パスアクション

何もせずに、プレイヤーの手番を終えます。すべてのプレイヤーがパスしなければ、次回の手番があるでしょう。

維持フェイズ

  • プレイヤーの地方にある建物から得られる点数が7点以上になっているプレイヤーがいた場合、ゲームを終了して点数計算を行います。
  • 公開計画カードが3枚になるまで、計画カードの山札から補充します。計画カードの山札がなくなり補充できない場合、ゲームを終了して点数計算を行います。
  • 建物の維持フェイズでの効果をすべて解決します。
  • 種類がDeedの場所カードにワーカーが置かれている場合、これらの場所カードの所有者はカードに示されている数のワーカーをサプライから得ます。
  • すべての場所カードに置かれているワーカーを、すべてサプライに戻します。
  • 各プレイヤーはワーカーを1個ずつ得ます。
  • 次の開発フェイズを始めます。

点数計算

  • 各プレイヤーは自身の地方にある建物から得られる点数を合計します。
  • 最も点数が高いプレイヤーが勝利者となります。
  • 同点のプレイヤーが複数いる場合、自身の地方にある建物と計画が最も少ないプレイヤーが勝利者となります。
  • それでも同点のプレイヤーが複数いる場合、最も多くのワーカーを持っているプレイヤーが勝利者となります。
  • それでも同点のプレイヤーが複数いる場合、42歳に最も近いプレイヤーが勝利者となります(!?)。