Fields of Green(緑の地)

2016年の8月頃にKickstarterでファンド達成した、Artipia Gamesの「Fields of Green(緑の地)」の紹介です。

カードタイプの農場構築が主題となっていて、だんだん自分の農場が出来上がってくるのが楽しみになるゲームです。農業がテーマのゲームはアグリコラを始めとして様々なゲームがあるのですが、カードのみというのは珍しいのではないでしょうか?

ちなみに邦題は語のバランスがいいということで、Twitter仲間のkazさんが命名された題です。

以下、ルールの適当和訳です(適当ですので、間違っているところや省略しているところがあります)。


概要

「緑の地」では、あなたは農場を作り上げようとしている農家の役を担います。

あなたは可能な限り最高の方法で、田畑や家畜、様々な建物を含む施設カードを選び抜き、あなたの農場に配置します。

4年後、最も効率的な農場を作り上げたプレイヤーが勝利者となります!

ゲームの準備

(c) 2016 Artipia Games
(c) 2016 Artipia Games
  1. 4つの施設カード(田畑・家畜・構造物・建物)の山札を別々に混ぜ合わせ、これらの山札をテーブルの真ん中に裏向きで置いて、その山札に対応する山札識別タイルを置きます。
  2. 給水塔と穀物庫の山札を、他の山札に近いところへ表向きで置きます。
  3. 各プレイヤーに15コイン分のお金、給水塔カード1枚、穀物庫カード1枚を渡し、2枚のカードはプレイヤーの手前に並べます。
  4. 各給水塔に水トークン3個、各穀物庫に食糧トークン1個を置きます。
  5. 残りのお金と勝利点トークン、水トークン、食糧トークンをテーブルの真ん中にまとめて置きます(サプライ)。
  6. すべての設備タイルを混ぜ合わせ、「サプライ」の隣に裏向きで積み重ねて置きます。
  7. スタートプレイヤーを決めて、スタートプレイヤータイルを手前に置きます。

ゲームの進め方

ゲームは4年の期間に亘って行い、それぞれの年は1ラウンドで表されます。

それぞれのラウンドは、維持・行動・収穫フェイズで成り立っています。

維持フェイズ

  1. 年度トークンを、年度トラックタイルの現在の年の上に移動します。年の周りにある矢印は、プレイヤーから他のプレイヤーにカードを渡す方向(時計回りまたは反時計回り)を示しています。
  2. このラウンドの新しい資源:食糧トークン1個、水トークン2個、3コインのお金を得ます(最初のラウンドはこの手順を飛ばす)。
    水トークンはプレイヤーの農場にある給水塔に、食糧トークンは農場にある穀物庫に置かなければなりません。
    各給水塔は、水トークンを3個まで保管することができますが、農場にあるすべての給水塔が満水の場合、新しく得た水トークンは失われます。
    各穀物庫は、食糧トークンを4個まで保管することができますが、農場にあるすべての穀物庫が満杯の場合、新しく得た食糧トークンは失われます。
  3. スタートプレイヤータイルを持っているプレイヤーから時計回りの順番で、各プレイヤーは4つの施設カードの山札からカードを合わせて6枚引きます。プレイヤーは4つの施設カードの山札のうち、少なくとも3つの山札から引く限り、自身が望むどのような組合せででもカードを引くことができます。これはラウンドの初期の手札となります。
    一度にすべてのカードを引いてください、引き終わるまで内容は確認しないようにしてください。
    いずれかの山札がなくなってしまった場合、これ以降、この山札からカードを引くことはできません。

行動フェイズ

このフェイズは、6回のターンで成り立っています。これらのターンの間、すべてのプレイヤーは同時に行動します。

各ターンでは、プレイヤーは手札からカードを1枚選び、手前に裏向きで置いて、残りのカードを(年度トラックタイルで示されている)次のプレイヤーに渡します。

すべてのプレイヤーがカードを選び終えた後、全員同時に選んだカードを表にして、以下の実行できるアクションのいずれか1つを選びます:

  • 施設を建設する
  • 給水塔を建設する
  • 穀物庫を建設する
  • 市場に行く
  • 土地を再建する

施設を建設する

(c) 2016 Artipia Games
(c) 2016 Artipia Games

施設カードは、他の施設カードに隣接して建設することができます。互いが垂直・水平方向に隣り合って置かれている場合、2枚の施設は隣接していると見なされます。互いが斜めに置かれている場合、これらの施設は隣接していると見なされません。

施設カードは、いずれかの空白の区画に建設することができます。

ゲームを始めるとき、プレイヤーの農場における唯一の土地は初期の給水塔と穀物庫だけであり、建設する何かしらの施設カードはこれらのうちの1枚に隣接していなければなりません。

施設を建設するために、プレイヤーは費用を支払わなければなりません。すべての施設には費用があり、カードの左上隅にあるコインで表されています。いくつかの施設には、必要としている金額のすぐ下にさらに必要としている水や食糧を記載しています。

水を必要としている場合、この水は近くにある給水塔の水トークンで支払わなければなりません - この給水塔はプレイヤーが建設しようとしている区画から、2区画以内になければなりません。区画は建設する場所から垂直または水平の方向に数え、それぞれのカードを1区画として数えます。

食糧を必要としている場合、この食糧はプレイヤーの穀物庫の食糧トークンで支払わなければなりません。食糧が関わるときは、区画間の距離に制限はありません - プレイヤーは費用として食糧を支払うとき、自身の農場のどこにあるかに関わらず、いずれかの穀物庫にある食糧トークンを使うことができます。

(c) 2016 Artipia Games
(c) 2016 Artipia Games

プレイヤーが選んだカードは、カードの費用(必要としているコイン、水、食糧のいずれか)を支払うことができない場合、プレイヤーはこの施設を建設することはできず、代わりに別のアクションを選ばなければなりません。

プレイヤーは費用を支払い、自身の農場に既に建設している施設に隣接するように置くことにより、この施設を建設します。その後、プレイヤーはカードの下部にある能力を確認してください。

能力が灰色の枠内に書かれている場合、その能力は即時能力と見なされ、その時点で適用されます。書かれている指示に従ってください。

能力が緑色または黄色の枠内に書かれている場合、その能力は収穫するとき、またはゲームが終わったときの能力と見なされ、別のときに確認されます(後述の詳細を参照)。

給水塔を建設する

(c) 2016 Artipia Games
(c) 2016 Artipia Games

いくつかの施設(主に田畑)が必要とする水を支払うために、プレイヤーは給水塔を追加で建設しなければならないかもしれません。

プレイヤーが選んだカードを捨て、給水塔の費用(2コイン)を支払うことにより、給水塔カード1枚を山札から取り、そして既に自身の農場に建設されている施設に隣接するように、いずれかの区画に建設します。

さらに、建設した給水塔に水トークン3個を置きます。

給水塔の水は、2区画内に建設する施設にだけ使うことができることに注意してください。

穀物庫を建設する

(c) 2016 Artipia Games
(c) 2016 Artipia Games

プレイヤーの農場で生産した食糧は、穀物庫に保管する必要があります。プレイヤーはゲームの始めからある最初の穀物庫に、食糧を4つまで保管することができます。プレイヤーがより多くの食糧を保管できるようにしたい場合は、追加の穀物庫を建設しなければなりません。

穀物庫を建設するには、プレイヤーが選んだカードを捨て、穀物庫カード1枚を山札から取り、そして自身の農場に既に建設されている施設に隣接するように、いずれかの区画に建設します。

穀物庫の費用は0ですので、建設するためにコインを支払う必要はありません。

すべての穀物庫は空です - 穀物庫が建設されるとき、食糧は置きません。

プレイヤーは保管できる数を超えない限り、1つの穀物庫から別の穀物庫に食糧をいつでも自由に移動することができます。

市場に行く

このアクションを使うことで、プレイヤーは地元の市場に行き、プレイヤーが生産した食糧の一部を売却することができます。

プレイヤーが選んだカードを捨て、2コインを得ます。またプレイヤーは食糧を2個まで売却して、売却した食糧ごとに2コインを得ることができます。

  • カード1枚を捨てる
    2コイン
  • カード1枚と食糧1個を捨てる
    4コイン
  • カード1枚と食糧2個を捨てる
    6コイン

施設を再建する

時おり施設カードは裏向きにされて、空き地(後述の「収穫フェイズ」を参照)になることがあります。

再び、この施設を表向きにするためには、プレイヤーが選んだカードを捨て、1コインを支払います。

収穫フェイズ

(c) 2016 Artipia Games
(c) 2016 Artipia Games

このフェイズでは、プレイヤーは農場にある収穫時能力(明るい緑色の枠)を持っている施設を確認してください。

これらの能力ごとに、左側に描かれている費用がかかります。プレイヤーはこれらの能力を用いるために、それぞれの収穫時能力の費用を支払わなければなりません。

プレイヤーが収穫の費用を支払うことができない、または支払いたくないのであれば、施設カードは裏向きにされ、空き地であると見なします。

プレイヤーが空き地の上に別の施設を建設することは許されませんが、今後のターンでカードを1枚捨てて1コインを支払うことで、この施設を再び表向きにすることができます(前述の「施設を再建する」を参照)。

プレイヤーは望む順番で、農場にある施設の収穫費用を支払う(そしてこれらの能力を用いる)ことができます。

その後、スタートプレーヤータイルを持っているプレイヤーは、左隣のプレイヤーにタイルを渡します。

プレイヤーが常に従わなければならない、いくつかの制限は次のとおりです:

  • 水は、範囲内にある給水塔から支払わなければなりません。
  • 穀物庫は、5つ以上の食糧を保管することはできません。
    プレイヤーが保管することができる量より多くの食糧を生産する場合、プレイヤーはまず初めに(他の収穫時能力に支払うために)食糧を費やすことを確認しなければなりません。そうしなければ、新しい食糧は失われるでしょう。

ゲームの終了

4回目のラウンドが終わったとき(その収穫フェイズを終えた後)、ゲームは終わります。

すべてのプレイヤーは点数を計算します。

  • 農場にあるカードに書かれている勝利点(右下側、能力の真上)を合計します。能力により得ることができる勝利点トークンも同様に合計します。
  • ゲーム終了時能力を持つ設備タイルから、勝利点を計算します。
  • プレイヤーがわきに除けて使わなかった設備タイルごとに1勝利点を得ます。
  • ゲームを終えたときに、プレイヤーが持っているコイン3枚ごとに1勝利点を得ます。
  • プレイヤーの穀物庫にある食糧トークン2個ごとに1勝利点を得ます。
  • プレイヤーの農場にある空の給水塔ごとに1勝利点を得ます。
  • ゲーム終了時能力を持っている農場内の施設からの勝利点を計算します。

勝利点が最も高いプレイヤーが、勝利者です!

同点のプレイヤーが複数いる場合は、同点のプレイヤーの中で農場に最も多くの施設があるプレイヤーが、勝利者となります。それでもまだ同点のプレイヤーが複数いる場合は、同点のプレイヤーの中でゲームを終えたときにお金を最も多く持っているプレイヤーが、勝利者となります。

設備

(c) 2016 Artipia Games
(c) 2016 Artipia Games

ゲームで使われるカードの一部は、プレイヤーの農場に設備を置くことができるものがあります。

プレイヤーが設備を得るときは、設備タイルを3枚引いて、自身の農場に置く設備を1枚選び、他の2枚のタイルを設備タイルの山の一番下に戻します。

それぞれの設備タイルには、この設備を置くことができる施設が記載されています。例えば、「田畑」と記載している場合は、田畑のカードの上にだけ置くことができます。

施設の種類の後にキーワードが追加されている場合は、このキーワードも考慮しなければなりません。例えば「田畑 - 収穫」は、収穫時能力がある田畑のカードの上にだけ置くことができることを意味しています。

プレイヤーが選んだ設備タイルを農場に置くことができない、または置きたくない場合は、わきに除けておくことができます。これ以降、プレイヤーはいつでも、この設備タイルを置くことができる施設を建設して、設備タイルを置くかどうかを選ぶことができます。

ゲームが終わったとき、まだわきに除けていて、農場に置いていない設備がある場合は、それぞれの設備からプレイヤーは1勝利点を得ます。

それぞれの施設は、最大2枚までの設備タイルを置くことができますが、それらは異なる設備でなければなりません - プレイヤーは、同じ施設に同じ設備を2回置くことはできません。

施設に置いた後、設備タイルはプレイヤーにさらなる能力を与えます。能力は特定のフェイズでのみ使われますが、一方でいくつかの能力は、継続します。何も指定されていない場合、能力はタイルを置いたときに(1回だけ)使われます。

設備が置かれている施設が空き地になった場合、設備は捨てられます。今後のターンでプレイヤーが施設を再建した場合でも、設備を取り戻すことはできません。